Newcomers Club

JBBB - New Comers Club

大きな夢を持って、ターゲットを抱えてボストンにおいでになられた皆さんはCovid-19のために、今までよりも高いハードルを乗り越えていらっしゃった事とと思います。

まずは、ボストンに来る準備に追われ到着し、生活のセットアップ、そして、新しい職場、學校などでのデビュー。一息ついたところで、自分だけではなく、またとないこのボストンでのチャンスを何倍にも楽しみ、有効活用するには、「コミュニティーの力は欠かせない!」と思いませんか?そんな皆様が集う場所、そして、素晴らしい将来をジャンプ・スタートさせる場所を提供したい、という思いで、JBBBは、Boston New Comers Clubを立ち上げることにいたしました。このコミュニティーは、その趣旨に同意していただけた方々のみが参加、「皆で、ここボストンでの研鑽・向上を支え合う」意思を持った方たちで構成していきたいと思います。そのためには、groupのルールに同意していただき、安全な場所にして行きたいと思いますので、毎月第三木曜日の午後8時にZoomミーティング以外にFacebookのグループも招待制にしています。

日本の人口は、2010年をピークに減少している状況で、この数値が挽回する傾向は残念ながら見込めないのが現実です。という事で、世界の人口の2%を占める日本でしたが、これ以降は「減小」という事で、国内マーケットも同じように減るわけで、日本国外に積極的に目を向けていかない限り勝算はない、と明らかです。そこで、ご縁があって、ボストンをはじめ、海外においでになった方々の「リーダーシップ」が強く求められることになります。「明治維新」と違うのは、海外にも有能な日本人がすでに多くいる事。皆様の一人一人が、これからの世の中を変えていく、日本の、そして、世界の子供たちの将来を担っている、という見地から行動を起こしていただけましたら、日本にとっては大きな力になります。後で振り返っても、「ボストンでの宝物の時間」をここから一緒に発信していければ幸いです。

9月からスタートしたNewcomers Clubの第2回目を10月21日(木)に開催いたします。初回はNewcomers の方々以外にも、ボストン滞在歴数年の方、数十年の方、そしてNYから参加の方など、約20名がブレイクアウトルームを使って盛り上がりました。早速Facebookでもグループを作り、日々いろいろなトピックスを投稿していますので、今後も多くの方々にご参加いただければと思います。

第2回目:10月21日(木)8pm~

参加希望の方は info@jbbboston.org までご連絡ください。

アーカイブ

JBBB Newcomers Club イベント第一弾:きのこ狩り(10月2日、土曜日)

MedfordにあるMiddlesex Fells Reservationの東側にあるトレールを歩きました。舞茸はもちろん、他にもマスタケ、ナラタケ、ホウキタケ、カンゾウタケなどたくさん見つけて皆さんで大興奮しました!

距離:2.12 miles
時間:2時間

藻谷浩介氏オンライン講演会

「Covid-19 対応に表れた日本の良さと弱点、そしてこれから」

毎年JBBBでご講演いただいている里山資本主義で有名な、日本総研主席研究員の藻谷浩介さんによるオンライン講演里山資本主義で有名な、日本総研主席研究員であり、そしてJBBBのアドバイザーでもある藻谷浩介さんによるオンライン講演会を今年も開催いたします。今年は日頃お世話になっているJBラインが10周年を迎えられたということで、皆様からの参加費を、JBBBからJBラインに寄付をさせていただく講演会といたしました。

日時:11月4日(木)8pm~(日本時間の5日9am〜)

参加費:$10 
Facebookイベントページはこちら

藻谷 浩介 氏プロフィール

総合研究所主席研究員。平成合併前 3,200 市町村のすべて、海外72ヶ国をほぼ私費で訪問し、地域特性を多面的に把握。2000年頃より、地域振興や人口成熟問題に関し精力的に研究・著作・講演を行う。著書に『デフレの正体』、新書大賞を受賞した『里山資本主義』など多数。最近ではジャパンタイムズ出版より“進化する里山資本主義”(共著)、ブックマン社より“東京脱出論”(共著)を発売。2021年よりボストン日本商業会アドバイザー。

Motani Kousuke

The Connectors (女性向け分科会)

以前、The Connectorsで行ったファイナンスについての勉強会の続編をオンライン開催いたします。
 

「ファイナンシャルエンパワーメント」

~より良いFinancial decision-makingへの備え~

一般的に、女性はfinancial decision-makingに対して抵抗がある傾向があるというリサーチ結果が出ています。

(例)
-61% of women felt uncomfortable talking about money
-45% of women said they didn’t have a financial role model to help them
 
ですが、配偶者あるいはパートナーが主にfinancial decision-makingをされているご家庭でも、「妻が未亡人になる平均年齢は59歳」「団塊世代の妻の70%は夫より長生きする」「80%の女性は自身の死を迎えるのは独身である」というデータも出ていて、大多数の女性は人生の後半で、一人でのfinancial decision-makingを迫られます。
 
そこで、前回のファイナンス勉強会でも講師としてお招きした大沼さんが、下記3点にブレイクダウンして、より良いFinancial decision-makingへどう備えるか、ケーススタディー形式で説明してくださいます。
 
Financial Literacy
最善の利益のために、適切な経済的決定を助けるための知識とスキル。
 
Financial Attitude
知識とスキルを財務上の意思決定に適用する能力や動機。
 
Financial well-being
個人がよりよく対処し、より回復力を高めるのに役立つ特性

日時:10月28日(木)8pm~(日本時間の29日9am〜)
Facebookイベントページは
こちら